搬送機械 フォークチャージャーの事例

ホーム搬送機械 Index < フォークチャージャー

フォークチャージャー

フォークチャージャーとは工場や倉庫における
搬送及び積み込み・積み下ろしを効率化するシステムです。

フォークチャージャー

お問い合せ

大手熱処理メーカー様からお問い合わせを頂きました。現在運用している炉はフォークリフトで700度~900度になる重い鉄を何回も運ばなければならず、荷崩れや高温による怪我の危険があり、それらの工程を自動化したしというリクエストでした。

ヒアリング

お客様は今まで、そのような省力化装置を使った事がなく、仕様はまったくと言っていいほど決まっていませんでした。社内でプロジェクトチームを作り、お客様の抱えている問題点を洗い出して効率的な自動化システムを提案致しました。

提 案

ヒアリングから課題を抽出し、弊社では
  • 重量物を三段機構で安全に搬送するための「強度」にポイントを置いた設計をする。
  • 導線を最適化することにより、工程の時間を短縮する。

という提案により、お客様の納得がいく仕様を纏め上げることが出来ました。

ポイント
コスト削減安全性向上無人化

納品そして効果

従来、フォークリフトで作業スタッフが一つひとつ積み込みや積み下ろししていた作業を無人化・自動化することにより、人件費を大幅に削減する事ができました。特にこの現場は高温のため、自動化することにより安全性が急速に向上しました。

この無人化技術は生産性の向上が急務となっているロジスティックの現場では自動倉庫として利用なものです。またホットプレス用の余熱炉から、プレスに挿入する装置や重量物を運搬するシステムにもご利用いただけます。