加工機械 銅チップ油圧プレス機の事例

ホーム加工機械 Index < 銅チップ油圧プレス機

銅チップ油圧プレス機 クライアント:大手電線メーカーD社様

電線メーカー様では、銅を用いたケーブルを作成する過程で、銅屑が発生します。
それらを圧縮加工する自動化機械が銅チップ油圧プレス機になります。

銅チップ油圧プレス機・写真
圧縮チップ(試運転中)・左写真/パレタイズ装置・右写真

お問い合せ

電線・ケーブル・伸銅品などを生産する大手電線メーカーD社様では、生産工程で輩出される銅チップの処理に苦労されていました。大型のバスケットに銅チップを入れて、フォークリフトで人が運んでいる作業を省力化できないか?というのがお客様の第一の要望でした。

ヒアリング

お客様からヒアリングをする過程で「チップを圧縮し容積を小さくする」「パレットに自動的に載せる」という課題が見えてきました。

提 案

効率的なリサイクル工程を作るために、チップ状の銅をブロック化する必要ありました。そこで、計量したチップをフィーダー(ワークを次の工程まで送る搬送装置)でプレス装置に投入し、3本の油圧シリンダーを使用して扱い易い大きさにプレスし、パレタイズ(商品を保管のためにパレットに積み付けること)まで全自動で行う事を提案しました。プレスした銅チップを荷崩れしないように、銅板で巻いていく工程に弊社オリジナルのアイデアが活かされた省力化装置になっています。
ポイント
スピードアップ人件費削減

納品そして効果

今まで6回もフォークリフトで作業員が運んでいた工程が1回で済むようになり、大幅なスピードアップが実現しました。また、100tという圧縮加工を行う装置のため機械の強度が必要とされましたが、弊社の従来からのノウハウでマシンをコンパクトに抑えながら、堅牢で作業性の高い自動化機械として設計する事ができました。